動画配信サービス(VODビデオ・オン・デマンド)を比較してあなたに合った申し込み先を見つけるFlatsu.com

動画配信サービス比較のFlatsu.com

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオとは

更新日:

注目されているAmazonプライムビデオと呼ばれているのはどのようなサービスでしょうか。

ネームは耳にしたことがあっても現実にサービスを活用する人はどれくらいいるかはっきりとしていません。

ただ、インターネットを利用しているのであったとしたら、Amazonも利用する見込みが大きいですので、Amazonプライムビデオも利用することになります。

当然、Amazonプライムビデオだけが特になサービスではなくHulu等も同様のサービスです。

具体的なサービス内容を紹介しましょう。

料金は年間4,900円、参画初期の0円期間は1か月、視聴出来る動画の本数は約25,000本となっています。

レンタルビデオを借りることが沢山人の場合は、Amazonプライムビデオのほうが安くなるでしょう。

又、Amazonプライムビデオを満喫する為には何らかのデバイスが絶対必要です。

パーソナルコンピュータは当然ですが、スマホ、タブレットに加えて近頃トピックされるようになったスマートTVだとしても閲覧することが出来ます。

AmazonブランドのFire TVも市販されています。

ゲーム機のPlayStationも楽です。

利用料金は市場で最安値となっていますから、どれだとしたところでいいとおもう人の場合はAmazonプライムビデオをおススメします。

又、契約は1年間となっていますから、終了日を記憶に留めないと自動的に持続になってしまいます。

Amazonそのものはワールド中でサービスを提供していますが、国内のAmazonプライムビデオサービスはニッポンのみで提供されています。

ニッポン人のお好みにマッチしたビデオがそろっています。

そ以外にもいろいろなハンドリングが容易に出来ます。

一度トライしてみる価値はあるでしょう。

Amazonプライムビデオに必要な環境条件

インターネットを使った動画配信サービスを利用するケース、一定グレードのパーソナルコンピュータだとしても問題ありませんが、出来ることなら自宅のテレビの大画面で視聴したいものです。

これによってにはテレビに映像を送るための端末が必要となってきます。

どんな環境条件が必要ですのでしょうか。

一番ポピュラーなのはパーソナルコンピュータでしょう。

注意しなければならないのはパーソナルコンピュータで動作するブラウザの部類とバージョンです。

Amazonプライムビデオの再生を行なう為に確認しておくことがキーポイントです。

ただ、ダウンロードをしてオフラインで楽しむシステムはパーソナルコンピュータでは利用出来ません。

Amazon Fire TVだとしてもパーソナルコンピュータと同じグレードのシステムとなってきます。

これらの機材は単体でビデオの再生をおこないますから、テレビとケーブルで接続しても、音声だけはパーソナルコンピュータから聴こえてくることになります。

少しばかり臨場感に欠けてしまいますが、現時点ではこれ以上の環境条件は作れません。

Amazonプライムビデオを再生するための環境条件はかなり自由度が高いため、いろいろな機材で動画を再生することが出来ます。

タブレットやスマホ、PS4等のゲーム機もあります。

本質的にインターネットに接続出来る環境条件を準備することによって、それだけで十分と言えるでしょう。

注意しなければならないのは、利用出来るシステムが徐々に違うことです。

詳しいこというのはAmazonプライムビデオのサイトで確かめておくことをおススメします。

ただ、多くの人は自分が持っている小さな画面だとしても映画を楽しんでいます。

高画質の方がいいのですが、低画質だとしても楽しい映画は楽しいのでしょう。

Amazonプライムビデオの利用

オンラインでビデオを楽しむことが出来るサービスはいろいろなところが提供しています。

近頃トピックされているのはAmazonプライムビデオでしょうか。

ここで、Amazonプライムビデオを利用する時の特徴等を紹介しましょう。

ビデオを閲覧しながら、いろいろなことをしている人は少なくありません。

途中でいったん止めたり、また巻き戻したりすることも沢山でしょう。

こんな時にはAmazonプライムビデオが一押しです。

つまりは、再生画面のユーザビリティーの良さはかなり評判になっています。

インターネットでどんなビデオサービスを利用しているかを調べてみると分かります。

再生、停止は当然ですが、10秒送り、10秒戻しが大きなボタンで画面中央に映されます。

多くのビデオではパーソナルコンピュータの画面をベースにしていますから、右上や下等の隅にハンドリングボタンが小さく映されます。

そのちがいは体感してみると分かるでしょう。

それから、画面を再生させたまま字幕の設定を変更することが出来ます。

一般に市販されているビデオのケースはメニュー画面に切り替えて、ハンドリングしなければなりません。

又、字幕として映される言葉の大きさやフォントも変更することが出来ます。

これらのサービスは現実にビデオを観る人のことを考えて付けらえたシステムでしょう。

他社にはありません。

そして、画質変更も容易です。

オンライン・ビデオですので通信環境条件のチェンジによってスムーズな再生が出来ないことも少なくありません。

そういった時に容易に切り替えられるとたいへん楽でしょう。

-Amazonプライムビデオ
-, ,

Copyright© 動画配信サービス比較のFlatsu.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.